これから受けようと思っている人必見!宿泊のある研修についての知識や常識を紹介します!

このサイトでは、宿泊のある研修について知っておきたい常識や豆知識をお伝えします。
そもそも泊って学ぶことにはどういった魅了があるのでしょうか。
日帰りとはどのような点が違うのかを見ていきましょう。
また泊まる場所はどのような所が多いのか特徴などを紹介します。
初めてのことで不安を抱いている人も多いのではないでしょうか。
これから受けようと思っている人や、どこで受けようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

これから受けようと思っている人必見!宿泊のある研修についての知識や常識を紹介します!

宿泊ありの研修では、日帰りよりもゆっくりとたくさんの予定をこなせる点が醍醐味のひとつと言えます。
その中で、普段会社でなかなか会わない上司や他支店の同期など、社員と顔を合わせる機会も多いです。
宿泊研修では「おはようございます」に始まり、気持ち良くみんなと挨拶を交わすことが常識です。
そしてみんなとのコミュニケーションも大切にして、その中で切磋琢磨し合うと良いでしょう。
仕事の悩みなども共感し合えるのではないでしょうか。

宿泊の研修に必要な持ち物や準備は?

宿泊の研修に参加する時に必ず持参したほうがいいのは、なんといっても筆記用具でしょう。
わざわざ特別に準備しなくても、普段使っているシャーペンや消しゴム、ボールペンなどで構いません。
大事なことをメモするためにノートかメモ帳も忘れないようにしましょう。
緊急の連絡があった場合などに備えて、スマートフォンも持参しておくといいですね。
地図アプリで会場がどこにあるのか探すのにも役立ちます。
宿泊中に電池が切れて使えなくなったということのないように、モバイルバッテリーも必須のアイテムです。
ノートパソコンも持参する場合は、USBや延長用のコードなども用意しておくと便利ですよ。
研修期間中に滞在するビジネスホテルなどにも、備え付けのアメニティグッズは用意されていますが、念のために必要なものは各自で準備しておくといざというときに助かります。
女性の場合はトラベル用のスキンケア化粧品セットやメイク道具なども持っていきたいですね。

宿泊の研修はどのような内容ですか?

宿泊研修の内容としては、ビジネスマナーを一から教える新入社員向けの講義を行う場合もあります。
宿泊免許と同じように、非日常的な旅行先の施設で集中的に講義を受ける事で短期間でビジネスマンとしての基本を学べます。
中堅社員やベテラン社員や管理職向けで良く行われるのが、ワークショップやロールプレイングの研修です。
ワークショップとは、講義やセミナーのように講師からスキルを一方的に教わるのではなく、参加者個人が自分でそのワークショップ期間内に達成したいテーマを考えて、参加メンバーと協力し合って会議や共同作業を行って課題を達成して行きます。
ワークショップ形式では、参加者が主体となってメンバーで役割分担をして、個々の課題を達成して行くため人を動かしたり適材適所の役割を割り振るなど、管理職に必要なスキルを身に付ける事が出来ます。
ロールプレイングは、参加者でビジネスのリーダーや部下などの役割をランダムに与えられて、その役割を演じる事で部下や上司の気持ちを感じ取って、職務に活かす事を目的としたものです。

宿泊の研修で身に付くことは?どんなことを学習できるのか?

宿泊研修とはホテルや旅館などの会議室を借りて、そこで学習していきながら宿泊することです。
普通の研修との大きな違いは宿泊するということです。
そのため長期的なものは泊まったりしますから自宅に帰る必要がないのです。
学習の疲れを癒すために温泉旅館を使って温泉に入り、美味しい料理を食べ、みんなとの交流があって、時間を有効的に使っていきながら、学修以外のものを学べるといった利点があります。
そこの宿泊先が観光地であれば、余った時間で観光をすることもできます。
学ぶ内容は特に変わりなく、場所を変えることで気分を変え、中身が理解できやすいようにしていることもあります。
自分達が部屋にこもって何かを学ぶときも、雰囲気を変えたい、集中力を高めたいといったときに図書館へ行ったりしますが、まさにそのような感覚であると理解をしてください。
場所が変わったから何かがあるわけでもないですが、気分の持ち方次第で学ぶ心構えが違うこともあります。

日帰りの研修と宿泊があるのとではどう違う?

研修には日帰りで行うものと宿泊で行うものとがあり、当然ながら所要時間が違うのが最も大きな点であることは言うまでもありません。
1日だけであれば、長くても朝の9時から夕方の5時くらいまでが基本であり、通常の勤務時間と同じように8時間程度が限度です。
受講内容が多くこれだけではカリキュラムを消化できない場合に、2日以上の宿泊研修が検討されることになり、単純に言って2日ならその倍、3日なら3倍の時間を取れることになります。
ただ、違いは単に所要時間だけとは限りません。
宿泊で行う場合には、例えば夕食後の時間に日中とは異なる、受講者間あるいは講師との間で多少なりとも気楽な交流会などを持てるケースがあり、これによって効果を高めることも期待されるからです。
もちろんホテルのような部屋が併設されている必要がありますし、夕食会ができるような準備や施設も必要ですが、それらをクリアした上でより高い効果を求めることもあるわけです。

宿泊,研修に関する情報サイト
宿泊研修の常識

このサイトでは、宿泊のある研修について知っておきたい常識や豆知識をお伝えします。そもそも泊って学ぶことにはどういった魅了があるのでしょうか。日帰りとはどのような点が違うのかを見ていきましょう。また泊まる場所はどのような所が多いのか特徴などを紹介します。初めてのことで不安を抱いている人も多いのではないでしょうか。これから受けようと思っている人や、どこで受けようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

Search